天乃舞衣子の経歴と結婚はしてる?出演作や特技趣味なども紹介!

元グラビアアイドルで現在は女優として活躍されている天乃舞衣子(あまのまいこ)さんをご存じですか?

映画「花と蛇」(R-18指定)での主演作では体当たりの演技をするなど、積極性のある女優さんです。

そんな天乃舞衣子さんが、6月21日から始まるTBS火曜深夜ドラマ「OLですが、キャバ嬢はじめました」で№2キャバ嬢「小梅」役で出演されますので、彼女の経歴や結婚はしているのか?、出演作や彼女の趣味や特技などについてもご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




天乃舞衣子プロフィール
天野舞衣子2

引用:https://twitter.com/ama_mai/

:生年月日  1985年7月1日 (30歳)

:出身地   神奈川県

:身長    160cm

:血液型   O型

:3サイズ  B-84・W-60・H-86cm

:職業    女優、元グラビアアイドル

:活動期間  2006年~

:事務所   株式会社アウルム

スポンサーリンク

経歴

天乃舞衣子さんは、大学生時代からグラビアアイドルとして活動し、映画「魂萌え」、「サラリーマン金太郎」、「ケータイ捜査官7」に出演しています。

そして、2009年から1年間、バラエティー番組「関口宏の東京フレンドパークⅡ」のレギュラーアシスタントを務めています。

2011年には、イメージDVD「接近」をリリースした後、自身のブログで「撮影会を最後に引退します。」と告げてグラビアタレントを卒業しました。

2012年からは女優業に専念し、舞台や映画などに出演しています。

2014年には、初の写真集「ZeRO」を発売し、映画「花と蛇ZERO」に初主演しました。

出演作

<テレビドラマ>

*ケータイ捜査官7(望月咲桜 役)2008年

*サラリーマン金太郎 第4話 (石井よし恵)役 2008年

*まんまこと~麻之助裁定帳~第9話 2015年

*ビューティフル・スロー・ライフ 2015年

OLですが、キャバ嬢はじめました(小梅)役 2016年6月21日~TBS
天乃舞衣子新ドラ左から二人目が天乃舞衣子さん

画像引用は天乃舞衣子ツイッターより

<映画>

*魂萌え(和世 役)2007年

*親幽(引田京子 役)2007年

*青木ヶ原 (石原慎太郎原作・制作総指揮)2012年

*モンスター  2013年

*花と蛇ZERO 団鬼六の官能小説 (雨宮美咲 役)2014年

*奴隷区 僕と23人の奴隷(渋谷サチ 役)2014年

*全開の唄   2015年

*シマウマ (網川早苗 役)2016年

<テレビ番組>

TBSオールスター感謝祭2009年春、秋のアシスタント、TBS関口宏の東京フレンドパークⅡ2009年4月~2010年3月までレギュラーアシスタントを務めた。

<舞台>

舞台出演多数あるが、主演作品は、2013年の「問わず語り」(雪江役)と2016年6月12日の「あまのやプロデュース”ドアを開ければいつも”」がある。

<DVD>

2011年発売の「接近」、2014年発売の「緊縛繚乱 秘儀三人吊り」など。

<広告>

オートバックス、渋谷美容外科クリニックがある。

<写真集>

天乃舞衣子ファースト写真集「ZeRO」、花と蛇ZEROメイキング写真集など。


スポンサーリンク




結婚や趣味特技について

天野舞衣子花と蛇

引用:https://twitter.com/ama_mai/
先ず、「彼女は結婚しているか?」については、彼女のブログや事務所の情報を調べても結婚の情報は全くありませんでした。

ということは、現在は独身ということで間違い無いと思います。

女優としての地位を確立するためにも、結婚を考えるのはまだまだ先の話になりそうですね。

次に彼女の特技についてですが、「チアリーディング」とのことですが、高校から始めたのか、大学に入ってからなのかは確認は取れていません。

尚、彼女の出身高校や大学名も事務所からは公開されていませんが、判明しましたら追記させていただきます。

そして、彼女の趣味ですが、モダンダンス、テニス、バスケットボールだそうです。

かなりのスポーツウーマンだと思われます。

あのスタイルの良さもスポーツをされていたからではないでしょうか。

更に付け加えますと、彼女はペットに猫を飼っており、英検準2級と漢検準2級を取得しています。

こんな所からも、天乃舞衣子さんは、単にスタイルやルックスを売りにしているタレントとは違い知性を併せ持った女優さんといえそうです。

何事にも積極的に取り組んでいる姿勢には好感が持てますね。

これからは、メディアにもどんどん顔を出してくれると思いますので、大いに期待したいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする