彩風 蘭の経歴と本名は?身長や結婚と性格についても紹介!

4月26日,日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」に出演した「彩風蘭」(あやかぜらん)さんをご存じですか?

元宝塚歌劇団の「花組の娘役」として活躍されていた方で、現在は女優として活動されている方です。

所属事務所は、福山雅治さんと結婚された「吹石一恵」さんと同じ「舞夢プロ」です。

あまりテレビでは見かけなかった方なので、どんな人なのか彼女の経歴や結婚されているのかどうかや性格なども調べてみました。


スポンサーリンク




彩風 蘭のプロフィール
彩風蘭1

:本名     公文 裕子

:生年月日   1975年5月13日(2016年4月現在40歳)

:身長     161cm

:サイズ    B-82・W-58・H-87cm

:出身地    兵庫県伊丹市

:職業     女優

:ジャンル   舞台

:活動期間   1996年~

:活動内容   舞台・テレビドラマ

:趣味     ボクササイズ、クラシックバレエ、声楽

:特技     日本舞踊、藤間流日本舞踊名取「藤間三奈世」

スポンサーリンク

彩風 蘭の略歴

◆1994年、宝塚音楽学校入学

◆1996年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は38人中21番。82期生。芸名の由来は好きな花の

ランと、舞台を彩る娘役にとの願いを込めて命名し、同年5月8日、花組に配属された。

◆2004年11月21日、東京宝塚劇場公演「La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢!」千秋楽を最

後に退団する。

◆2008年4月、当時所属のサラ・プロジェクトを退社し現在は「舞夢プロ」に所属している。
彩風蘭2

出演履歴

<映画>

*2015年

山本暢俊監督 「四人テラス(仮)」主演

*2000年

三枝健起監督 「「あさきゆめみしー源氏物語」

<テレビ・ラジオ>

*2009年 5月22日FM宝塚「レビュー・ステイション」

*2008年 1月6日 フジテレビ「となりのクレーマー」

*2006年 FM宝塚「レビュー・ステイション」

<CM>

*2013年 JAバンク大阪「サマーキャンペーン」

*2012年 ダスキン「スタイルフロアLaLa 家族の健康編」

*2010年 日清食品「阪神タイガース応援キャンペーン」

*2009年 金城大学「進路面接編」

*2008年 ヒガシマル「「めんスープ」

*2007年 住友不動産販売「転勤編」

*2005年 中国電力「サボテン編」、「金魚鉢編」

<広告>

*2012年 セントラルフィットネスクラブ パンフレット

<舞台>

*2013年 ミュージカル「ズボン船長」主人公の母・みちよ役

*2011年 宮川大助&花子芸術選奨文化大臣賞受賞記念講演 「繋いだ手と手」主演

花子 役

*2009年 「夢街通りの母・祭りで大きな花咲かそう」ヒロイン・蘭子 役

*2006年 曾我廼家喜劇「幸助餅」幸助の女房・おきみ役

<その他>

*2009年 NTTドコモ「2009年品川ビルPRドラマ」品川紀子訳

*2008年 ANA Learning 「接遇DVD」

*2006年 ダスキン「ダスキンネットワーク計画」

*2005年 ダイワハウス「社員マナー向上DVD」

このように「彩風蘭」さんは、宝塚歌劇団には、実質8年間在籍していましたが、他の方に比べると期間はとても短いですね。

しかし、宝塚での舞台出演は8年間といってもかなり多くの回数をこなしています。

ところで、彩風蘭さんは、宝塚の82期生ですが、同期には、女優の「紺野まひる」、「遼河はるひ」、坂本九さんの娘さんの「舞坂ゆき」さんがいますね。


スポンサーリンク



彩風 蘭の身長や結婚と性格について

彼女の身長は161cmと女性では大きいほうではないでしょうか。

3サイズも平均的な女性のサイズだと思います。

そして、40歳とは思えないほど「かわいい」というイメージが感じられます。

娘役としては申し分ない資質の持ち主だと思います。

次に結婚についてですが、調べてみましたが結婚されているという情報はありませんでした。

4月26日に日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」の番組を見ましたが、40歳とは思えないほどきれいでかわいい感じがしました。

なのに未だ独身というのが信じられないくらいです。

そういえば、同期の今野まひるさんや遼河はるひさんも独身ですよね。

宝塚のOGの方々は皆さん晩婚タイプなのでしょうか。

ただ、番組中で気になったことは、タイトルが「家事ダメ女」という内容のとおり彼女は家事全般に無頓着のようですね。

もしかすると、お嬢様育ちとか宝塚歌劇団という環境が影響しているのかもしれませんね。

おっとりした性格でも、こんなかわいい奥さんなら家事ができなくても許してくれる男性はたくさんいるのではないでしょうか。

今までは、テレビ出演も少ないほうでしたが、今後はきっとメディアに露出する機会が増えてくるような気がします。

これからの彼女の活躍に注目して見ていきたいですね。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする