市橋有里の経歴と結婚や子供は?現在している仕事についても紹介!

元マラソン選手の「市橋有里(いちはし あり)」さんをご存知ですか?

日本女子マラソン界の中でも、特に活躍した選手の内のお一人です。

そんな市橋有里さんの現役時代のことから、引退、結婚、そして現在の仕事や活動状況についてお話したいと思います。

市橋有里プロフィール

:生年月日  1977年11月22日(38歳)

:出身地  徳島県鳴門市

:出身校  戸板女子高校

:職業   元マラソン選手(現在はランニングアドバイザー、フードアナリスト)

:趣味  旅行先でのおいしいものや食材探し、料理


<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

マラソンを始めたきっかけと選手時代

彼女が中学校入学時、姉のボーイフレンドだった陸上部の部長に誘われたのが、陸上競技を始めることになったきっかけのようです。

1993年3月中学卒業と同時に上京し、日本陸上競技連盟主導で誕生したクラブチーム「東京ランナーズ倶楽部」の浜田安則コーチに師事し、本格的トレーニングを開始したようです。

彼女の中学時代の陸上競技の記録については、詳しいことはわかりませんが、当初から競技にたいする能力はそれなりに兼ね備えていたのでしょう。

実際に、戸板女子高等学校時代の成績は、1995年に樹立した10000m32分48秒03という記録は、2006年まで破られることはありませんでした。

初マラソンは、1997年3月、19歳の時の「名古屋国際女子マラソン」でしたが、優勝したマディナ・ビクタギロワ(ロシア)や、世界陸上アテネ大会代表となった鈴木浩美・飛瀬貴子らと争ったものの結局40km過ぎで脱落し、4位となっています。

その後、同年7月の札幌国際ハーフマラソンでは、女子の部で初優勝、翌年の同ハーフマラソンでも優勝し、大会2連覇を達成しています。

2回目のフルマラソンは、1997年11月の東京国際女子マラソンでしたが、6位に終わっていますね。

そして、1998年11月、東京国際女子マラソンでは、レース最後の競技場に入っても浅利純子とデッドヒートを繰り広げましたが同タイムながら2位(2時間28分29秒)となりましたが、この成績によりその後の「世界陸上セビリア大会」の代表に選ばれることになったのでした。

そのセビリア世界陸上女子マラソンは、1999年8月に開催されましたが、優勝候補の「高橋尚子」の欠場もあって、前半は超スローペース、そして後半はハイペースとなった中、「市橋有里」は先頭集団に食らいつき、終盤の38km過ぎからは、北朝鮮のチョン・ソンオクとの競り合いとなるもわずか3秒差(2時間27分02秒)で2位に甘んじてしまいました。

しかし、このセビリア大会の銀メダルが評価されて、2000年3月に「シドニー五輪女子マラソンの日本代表に正式決定したのでした。

又、この時の銀メダル獲得というのは、史上最年少のメダリストということで高く評価されていますね。

そしてシドニー五輪については皆さんもご存知の通り、「高橋尚子」選手が金メダルを獲っていますが、「市橋有里」選手も一時は素晴らしいレース展開を見せていたのですが、25km過ぎで腹痛を起こしたことが原因で、結局15位に終わってしまいました。

それからシドニー五輪終了後の「市橋有里」さんのマラソンの成績は、度重なる故障に悩まされ、目立った結果が出ないまま、2006年に東京ランナーズ倶楽部を退部、2007年2月の東京マラソンを最後に第一線を退くことになりました。

後談になりますが、「市橋有里」さんによると、本当は彼女のマラソン人生の設計図としては、アテネ五輪に出場する計画を立てていたらしいのですが、それよりも4年早く実現してしまったと述べています。

オリンピック代表になること自体が大変なことなのですが、彼女なりに時間や実力を蓄えるためには、やはりシドニーではなくアテネ五輪という時間軸が必要だったのかもしれませんね。

競技人生が比較的短かった要因は、体の故障が主因ではありますが、あれだけハードな競技なのですから、体力づくり、練習量、競技エントリーの間隔の取り方などを総合的に管理してこそ、本来の実力が発揮できるのでないかというのがシロウトの私の見解ですが、皆さんはいかがお考えでしょうか?

将来を有望視されている選手の怪我や故障があまりにも多く報道されているこの頃ですが、指導者や選手個人もここで一度、練習方法・メンタル面などについて検証してみることを提案したいですね。


<スポンサーリンク>



引退後の市橋有里さんはどうしてる?

市橋有里さんは、引退した2007年に結婚されていますが、その後離婚されています。

離婚年月や離婚原因の詳しいことはわかりませんでした。

お子さんはいないようですね。

引退後の現在は、各地のマラソン大会にゲストランナーとして出場したり、マラソン関連のメディアへの出演、「ジュニアアスリートフードマイスター」というフードアナリスト4級の資格を取得し、市民ランナーへの食のアドバイスを行うなどの活動をしていますね。

また、「スローラン 今からはじめるランニングメニュー」(池田書店)という著書も出しています。

市橋さんは一度離婚されていますが、2014年8月23日に再婚されています。

今度こそ幸せな結婚生活が長く続きますようお祈りしたいですね。

そして、彼女が指導した選手が世界で活躍する姿も見てみたいものですね。

なお、市橋有里さんがテレビ出演されますので、お時間がありましたら、ご覧ください。

今問題になっている「オリンピック出場切符の選考基準」のことについて、彼女なりの視点で興味ある話が聞けるかもしれません。

番組名:バース・デイ(女子マラソン 日本代表争い)

テレビ局:TBS

放送日: 2016年3月19日(土)

時刻:  17:00~17:30

最後までお読みいただき有難うございました。


<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする