伊藤聡子の経歴は?結婚や子供、ギャラ・年収についても紹介!

TBSテレビ「ひるおび!」の水曜日にコメンテーターとして出演しているスレンダー美人であり、聡明感がありしかも何となく親しみやすさを併せ持っている女性が気になりませんか?

この女性の名前は「伊藤聡子いとうさとこ)」さんと言う方です。

そんな伊藤聡子さんについて、誰でも気になりそうな経歴、結婚しているのか?子供はいるのか?、はたまた彼女のギャラ、年収などについてもご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




伊藤聡子プロフィール

出典:伊藤聡子オフィシャルブログより

生年月日:   1967年7月3日(2018年5月現在50歳)

出身地:    新潟県糸魚川市

血液型:    A型

最終学歴:   東京女子大学文理学部英米文学科卒業

活動期間:   1989年~

ジャンル:   情報番組など

所属事務所:  三桂

経歴・人物

出典:伊藤聡子オフィシャルブログより

伊藤聡子さんは新潟県糸魚川市の生まれですが、父親の仕事が県内の建設会社の関係で、県内各地や長野県に住んだこともあるそうです。

高校は、新潟県立新潟高校ですが、偏差値71~73という県内トップの進学校で東大や京大にも多数合格者を出していますね。

ですので、伊藤聡子さんもかなり優秀な方であることが想像できますね。

大学は、東京女子大学文理学部英米文学科を卒業され、その後事業創造大学院大学を修了されていますね。

テレビ業界に入ったきっかけについてですが、彼女が大学在学中の1989年に、TBSテレビの「関口宏のサンデーモーニング」の番組オーディションがあり、これに合格しリポーターとしてデビューしたのが始まりです。

その後も、テレビ朝日の「スーパーモーニング」やTBSの「ベストタイム」などのワイド番組のキャスターを務め徐々に実力を発揮してきました。

2002年には、アメリカニューヨークのフォーダム大学に1年間留学した経験があり、2010年からは事業創造大学院大学(新潟市)の客員教授を務めたり、文部科学省「原子力分野研究開発に関する委員会」の委員、同じ新潟出身の元男子バレー日本代表でタレントの川合俊一や俳優の永井大と共に「糸魚川ジオパーク大使」を務めながら、このほかにも講演会やシンポジウムなどにも出演し精力的に活動の場を広げています。

因みに、伊藤聡子さんが所属している株式会社三桂ですが、ご存知のように関口宏さんが会長を務めている芸能事務所であり、多くの著名人や文化人が在籍していますね。


スポンサーリンク




伊藤聡子の結婚や子供について

出典:伊藤聡子オフィシャルブログより

伊藤聡子さんには結婚歴があります。

結婚したのは、1999年31歳の元日に入籍、披露宴は同年4月4日に行われました。

お相手は、彼女の出身高校である県立新潟高校の同級生である岩屋孝彦さんでした。

この方は、東大法学部卒業で厚労省の職員のようです。

しかし、伊藤さんはテレビの仕事が忙しいのと、岩屋さんもアメリカ勤務となりお互いがすれ違いの生活が続くようになったため、15年の結婚生活にピリオドを打ち、2014年11月に離婚されました。

幸か不幸か二人の間には子供は居ませんでした。

伊藤聡子のギャラ・年収について

出典:伊藤聡子オフィシャルブログより

キャスターやコメンテーターのギャラってとても興味がありますよね。

羽鳥慎一さんのように売れているフリーアナがいる反面、さほどでもないフリーアナがいるように、キャスターやコメンテーターのギャラにも大きな格差があるようです。

大学教授などが情報番組にコメンテーターとして出演した場合のギャラは平均で5万円くらいといわれています。

伊藤聡子さんの場合ですと、過去のキャスターの実績がありますので、コメンテーターとしてのギャラは最低でも10万円~15万円はあると思います。

又、彼女のフェイスブックを見ていると、結構な回数で全国各地で講演を行っていますね。

講演料についても、著名人であれば20万円~30万円が相場といわれていますので、伊藤聡子さんであればこれくらいのギャラ以上は稼いでいると思われます。

更に、伊藤さんは事業創造大学院大学の客員教授も務めていますが、客員教授といっても実際は非常勤の講師のようなものですので、月に何コマ授業に出るのかわかりませんが、相場は1コマ22,000円~35,000円らしいです。

このことから、伊藤聡子さんの年収を予測すると、現在テレビ局のコメンテーターとしての出演が月に3本ありますので、各局週一の出演として10万(最低価格)×3社×4週=120万円、年間で1440万円。

講演については月間平均何回あるかわかりませんが、ブログ等で見ると月に何回か講演会に出演があるようですね。仮に週1回で月間では4回、年間では約50回としても、最低の1講演20万円としても年間1,000万円は下らないでしょう。

このほかに客員教授の給料などもありますので、伊藤聡子さんの年収としては、2500万円~3000万円くらいではないかと推察します。

まとめ

美人で聡明で年齢より若く見える伊藤聡子さんですが、嫌味の無いコメント力でこれからもますます活躍されることを願っています。

今後は伊藤さんがMCとして活躍する姿も見てみたい気がしますね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする