康芳夫の経歴と今の仕事は?大学とエピソードや交友関係も紹介!

「伝説の暗黒プロデューサー」とか「昭和の怪人」と呼ばれた「康芳夫(こう よしお)

さんをご存知ですか?

度肝を抜かれるような数々のことをいとも平然とやってのけた行動力は、一体どこから来ているのでしょうか?

そんな彼の生い立ちから最近の俳優の仕事についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




康芳夫プロフィール

:生年月日  1937年5月15日(78歳)

:出身地   東京都 西神田

:職業    プロデューサー・著述業・俳優(本人は虚業家と言っている)

:学歴    東京大学卒業

スポンサーリンク

康芳夫来歴とエピソード

康芳夫は、東京西神田にて、駐日中華民国大使の侍医である中国人の父と日本人の母との間に、三人兄弟の次男として生まれています。

本人は、海城高校時代は喧嘩ばかりしていて、当時近くの高校には安藤譲二がいたそうです。

しかし、学業も優秀だったのでしょうか、卒業後横浜国立大学に入学したのですが、1年で中退し、1958年に東京大学に入学しています。

東大在学中の1961年には、学園祭である「五月祭」の企画委員長としてジャズフェスティバル

を開催しています。

このことからも、後々の大イベントを手掛ける能力の片りんを伺い知ることができますね。

1962年には、石原慎太郎と知り合いになり、彼の紹介で「赤い呼び屋」と呼ばれた「神 彰」が主催するアート・フレンド・アソシエーションに就職することになり、本格的に興行師としての仕事を開始しました。

アート・フレンドの公演実績としては、ソニーロリンズの日本招聘、大西部サーカス、富士スピードウェイでの日本インディ開催、そしてアラビア大魔法団(実はこの集団はインチキで、白人のドイツ人が顔を黒く塗って演技をしていたとのことです)の公演があります。

なお、実現しなかった企画には、マイルスデビスの招聘がありますが、これは麻薬問題によりマイルスデビスが入国を拒否されたためだそうです。

これにより会社は多額の債務を抱え苦しい時期が長く続いたようです。

その後、康芳夫は、パートナーの神彰と決別し、独立することとなります。

独立してからの活動も顕著で、金平正紀の協力のもと1972年には、日本武道館でモハメド・アリ対マックフォスターとの対戦や翌年1973年のトム・ジョーンズの来日公演を実現して、大いに名声を轟かせました。

その後は、彼自身が本人を「虚業家」と称するように、正統なプロデュース業から外れた奇抜な仕事を手掛けるようになります。

石原慎太郎を隊長とする「国際ネッシー探検隊」、「オリバー君の招聘」、アントニオ猪木対モハメド・アリの対戦のコーディネートがあります。

この時、アリを呼ぶために「ブラック・ムスリム」に入信してアリのマネージャーに近づき、そこで話をまとめたという逸話や、ベニハナレストラン社長の「ロッキー青木」に会見の費用を出させたとか、熱海の若い大金持ちのスポンサーを見つけて資金を工面したというような話もあります。

このほか、1977年にハイチでのトラと空手家の山元守の試合企画(これは動物愛護協会の反対で中止)、1979年のアントニオ猪木とウガンダのアミン大統領との対戦企画(これもウガンダの政変でアミンが国外逃亡のため中止)、1982年のテレビ朝日によるロサンゼルス五輪独占放映権獲得、1986年の「ノアの箱舟探索プロジェクト」(これも実現に至らなかった)等がありますが、康芳夫の「呼び屋」としての顕著な活動実績は1970年代までということになりそうです。

又、康芳夫は出版分野での活動があり、澁澤龍彦編集の「血と薔薇」の創刊、「家畜人ヤプー」出版、川尻徹のノストラダムス本のプロデュースなどがあり、「家畜人ヤプー」の出版の際は、右翼団体との脅しを受けたり、お礼参りで事務所を壊されたりして圧力を受けたが、検事から示談を勧められて相手から10万円を受け取ったということで、当時はかなり話題になったようです。

なお、本人としても「虚人魁人康芳夫国際暗黒プロデューサー自伝」などの著書があります。


スポンサーリンク




康芳夫の交友関係

「楯の会」の森田必勝、石原慎太郎、勝新太郎、大島渚、若松孝二、久世光彦、テリー伊藤などなどあらゆるジャンルの人物との繋がりがありますが、これも「康芳夫」という人物の人柄が人を引き付ける大きな魅力を持っているからではないでしょうか。

康芳夫の感想

このように最初に康芳夫が携わった興行師の世界は、よく「山師」とも言われ、当たれば大きい反面失敗すると大損という一種の「博打」とも言えますね。

裏社会との軋轢もあったでしょうが、そこは彼の生来の気性と知性により、困難なことも切り抜けて来られたのではないでしょうか。

常に何かに挑戦し続ける生き様にも感銘を覚えますね。

そんな中、今度 康芳夫さんはテレビドラマにも出演するようです。

2016年4月からのTBS系列のドラマ「ディアスポリスー異邦警察」の中で、

コテツ」役で出演されます。

このドラマは、暗黒社会をテーマにしていますので、役柄的にも康さんは、

自身の人生経験そのものを表現できるのではないでしょうか。

どんな演技を見せてくれるのか期待したいですね。

最後までお読みいただき有難うございました。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする