本村健太郎の経歴と収入は?奥さんと子供やメガネのことも紹介!

弁護士であり俳優である「本村健太郎もとむらけんたろう)」さんをご存じですか?

「行列のできる法律相談所」や「スッキリ!!木曜日コメンテーター」などテレビ出演の多い本村さんですが、本業は弁護士であり俳優です。

そんな本村さんの気になる年収や家族構成、又メガネをかけているので視力が弱いのか?についてもご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




本村健太郎プロフィール
本村健太郎1

出典:http://www.asaikikaku.co.jp

:生年月日  1966年12月17日(49歳)

:出身地   佐賀県佐賀郡川副町

:出身高校  久留米大学附設高等学校

:出身大学  東京大学法学部卒業

:身長    163cm

:血液型   AB型

:職業    弁護士、俳優

:所属    浅井企画

スポンサーリンク

来歴・人物

本村弁護士の出身高校は市立久留米大学附設高等学校ですが、偏差値75という有名進学校です。

この高校の卒業生には著名な人物が大勢いらっしゃいますね。

例えば、ジャーナリストの鳥越俊太郎、ラリードライバーで歌手の松田聖子の兄である蒲池光久、ソフトバンク社長の孫正義(アメリカ留学のため中退しています)、元ライブドア社長の堀江貴文、ジャパネットたかた2代目社長の高田旭人などを輩出しています。

本村弁護士は高校在学中は演劇に打ち込み、舞台「十二人の怒れる男」で全国高等学校演劇大会優秀賞を受賞しています。

このころから俳優志望だったようですね。

そして、東京大学に入学した1985年からは「劇団麦の会 演技研究所」で監督の山本邦彦から演技レッスンを受けるようになります。

同年、テレビドラマ「イッキ!イッキ!東大へ」の準主役オーディションに合格して俳優デビューを果たしました。

本村弁護士のすごいところは、学業をおろそかにすることなく、在学中の1990年に司法試験に合格、翌年1991年大学を卒業し、司法修習を経たのち1993年に弁護士登録をしているところです。

1997年に「本村法律事務所」を設立しましたが、現在は「東京赤坂法律事務所」に所属し、企業法務を多数熟しています。

また、テレビドラマへの出演と同時に、弁護士としてドラマの法律監修を担当するなど、俳優業と弁護士業を両立させた活動を行っています。
本村健太郎法医学教室の事件ファイル画像は「法医学教室の事件ファイル」より

出典:http://blog.livedoor.jp

2007年7月からは日本テレビ「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演しているのはご存じの通りです。

気になる収入について

先ず弁護士としての収入ですが、同期で早くからテレビ出演している矢代英輝弁護士が年収1000万~2000万円くらいだそうです。

弁護士としての収入はさほど多くはなさそうですね。

ですので、本村弁護士も最低ライン1000万円は下らないでしょう。

そしてテレビ出演や講演での収入ですが、以前テレビで年収を公表する番組があったのですが、その時には弁護士収入の10倍?くらいとコメントしたそうですので、こちらの収入は1億円以上ということになりますね。

因みに「行列のできる法律相談所」のギャラは1本100万円といわれています。

芸能事務所に所属している方がギャラは断然高額になるそうです。

こうなると、どちらが本業かわからなくなってしまいますね。

弁護士のみの収入については、最近は弁護士の数が増えて競争が激しくなっているという話をよく聞きますので、本村さんや矢代さん、大阪府知事だった橋本弁護士などは先見の明があったといえるかもしれませんね。


スポンサーリンク




奥さんと子供について

本村弁護士は1997年に結婚されています。

奥さんは、所属していた劇団の先輩だった方だそうです。

本村さんは学生時代から劇団に所属していたので、お付き合いの期間は長かったかもしれませんね。

そして、子供は息子さんが一人います。

2014年時点で小学校3年生ということでしたので、現在は小学校5年生になります。

家庭内では、奥さんの方が年上?のようでもあり、主導権は奥さんにあるようですよ。

本村弁護士のメガネについて

小さいころから勉学少年だったので、視力が落ちて、そのためメガネ着用になったかと思っていましたが、実は本村さんのメガネは伊達メガネだそうです。

普段は全くメガネは使用していないそうですよ。

特に最近では、「名探偵コナン」の主人公江戸川コナンなどのマネをする時は、色んなメガネを使い分けているそうです。

私個人としては、メガネを外した本村さんより着用している本村さんの方が良くお似合いだと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

テレビに出演しているメガネの姿は、とても親しみやすい風貌で愛嬌さえ感じられますね。

まとめ

本村さんは、もはや弁護士というよりタレントといったほうがわかりやすいですね。
本村弁護士、山崎邦正

出典:http://news.livedoor.com

よく、「山崎邦正に似ている」ということで、山崎のモノマネをする場面もよく見るようになりましたが、、役者としての素質は生まれ持ったものかもしれませんね。

お堅いイメージの弁護士ですが、本村さんのような弁護士なら、なんでも気軽に相談できそうな気がしますね。

身長は決して高いとはいえませんが、柔道は黒帯の有段者、世界遺産検定マイスター2級、3級の資格を持ち、トライアスロンにも挑戦、さらに超タイムショックSPでの優勝経験者など文武両道を実践している本村さん。

親しみの持てるキャラクターは誰もが認めるところです。

これからも視聴者を大いに楽しませてほしい人物の一人として、期待したいと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする