渋川良幸の経歴と評判は?離婚カウンセリング相談方法と費用も紹介!

皆さんは離婚カウンセラー「渋川良幸」さんをご存じですか?

なんでも渋川さんは、12年間で15,000人以上の方から離婚に関する相談を受けており、その96%以上の相談者が、「心が軽くなった」とか「実害を被らずに済んだ」と満足していて、「離婚問題のカリスマ」と呼ばれている方です。

そんな「渋川良幸」さんの経歴や評判、カウンセリングの相談方法や費用についてもご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




渋川良幸プロフィール
渋川良幸

:生年   1963年

:出身地  東京都(現在は横浜に在住)

:出身校  中央大学

:職業   心理カウンセラー(専門は、離婚カウンセリングとコンサルティング)

;会社   離婚110番 代表

スポンサーリンク

経歴

渋川良幸さんは現在の離婚カウンセラーになる前は、人材派遣会社、出版社、通信機器販売などを経て、探偵調査業を営んでいた。

それまでの経験と調査業で得たノウハウを基に、現在は離婚および家庭問題のカウンセリングやコンサルタント業務、悩みごと、困りごとの解決業務を行っている。

離婚110番の代表として、相談者に寄り添った「超実践的カウンセリング」をモットーとしており、相談者の信頼が厚く、口コミや紹介が多く評判が高い。

評判

渋川良幸さんは、中央大学卒業となっていますので、てっきり法学部を卒業して弁護士をされているのかと思っていましたが、弁護士では無かったのですね。

カウンセリングを受けた相談者の方々の感想文を見ても、離婚の相談で弁護士のところで話を聞いても、法律的な内容ばかりで、最初から調停や裁判ありきの話しかしてくれなかったそうです。

ところが、渋川さんに相談すると、相談者の心情を大事にして、本当に離婚したいのか、あるいは離婚を回避することができるのではないかというところまで親身になって話をしてくれるそうです。

事実、最初は離婚しか考えられなかった相談者が、渋川さんのアドバイスのお陰で、夫婦関係が修復できたという例が数多くあるそうです。

離婚に至る原因も、100人いれば100通りあると渋川さんが言っているように、12年間で15,000人以上に接してきたその積み重ねが、的確なアドバイスに現れるのでしょうね。

法律一辺倒の弁護士の話とは、比べ物にならないわけですね。

又、このように相談者が絶えないのは、渋川さん自身が持って生まれた人間的な温かさからきているのかもしれません。

ところで、渋川さん曰く「相談者に共通していることがある。それは、離婚問題解決に簡単に失敗する人が多い」そうです。

その原因は、①知識がないのに自分で解決しようとする人。②すぐに弁護士に頼ってしまう人。で、その結果こじれる必要がないのに、わざわざ問題を悪化させてしまうのだそうです。

離婚の統計を見ると、1996年以降毎年の離婚件数は20万件を超えていて、ここ数年に限ると毎年25万組が離婚しているそうです。

1日当たり540組以上の夫婦が離婚していることになります。

渋川さんがおっしゃるには、「離婚問題は焦らずにちょっとしたポイントを抑えるだけで、余計な失敗や出費をすることなく解決することができる」そうです。

やはり、過去に15,000件以上のカウンセリングをした実績がそう言わせるのでしょうね。


スポンサーリンク




離婚110番への相談方法と費用は

渋川さんへの相談(カウンセリング)を希望される場合は、電話かメールでの予約が必要です。

とても人気があり、予約が取ずらい状況ですが、渋川さんはほぼ休日なしで対応してくれています。

カウンセリング料金ですが、30分単位での料金設定になっていて、30分で5000円です。

相談の内容にもよりますが、1回平均2時間くらい要しますので、20,000円くらいはみておいたほうがいいでしょう。

なお、遠方の方や時間がなかなか取れないという方のために、書籍も販売しています。

本の内容は、カウンセリングで話す内容と変わらないそうですので、直接面談が不可能な方には朗報ですね。

書籍名:「15000人の離婚問題解決法」価格40,000円、ダウンロード版は19,800円

書籍名:「離婚調停マニュアル」ダウンロード版19,800円

書籍名:「幸せになる離活」大和出版、kindle版1200円、単行本1620円

では、渋川良幸離婚110番への予約連絡先をお伝えします。

住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-17 シティコート桜丘303

予約電話:03-3780-1788

予約メール:info@rikon110.com

まとめ

もし、離婚に関する悩み事で相談したいのであれば、いきなり弁護士を使うのはやめましょう。

弁護士は、最初から「裁判ありき」の話を持ち掛けますので、まず渋川さんに相談することをお勧めします。

そうすることで裁判をしなくても、その前段階(調停もしくは夫婦間の話し合いで)で解決できるかもしれません。

裁判まで行くと、弁護士費用は100万円以上になってしまいます。

離婚はできればしないほうがいいことは当たり前ですが、いろいろな事情でそういった場面に直面してしまった場合には、過去15,000人以上の方のカウンセリング実績を持つ「離婚110番」の「渋川良幸」さんにまず相談してみて下さい。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする