白川郷へ行ってきました!一番良い時期は1月らしいです!

次女の友人が結婚を控え、その前に次女と最後の思い出作りをしたいとのことで、岐阜県の「白川郷」が決まり、私が運転手として同行することになりました。

個人的には、以前近くを通ったことはあったのですが、「合掌造り」の中まで見学するのは初めてとなります。


スポンサーリンク




松本を朝8時30分に出発し、飛騨高山を経由、「ひだきよみ」ICからは30分もかからずに白川郷に到着しました。

途中休憩時間をいれても3時間弱で着くことができました。

駐車場は、村営の大きな駐車場が、村内を流れる川の反対側にあり、そこから吊り橋を渡って村内に入ることになります。

この日は、平日にもかかわらず、バスやマイカーでの見物客でごった返していました。

九州ナンバーの車があったり、東北ナンバーがあったりで、ちょっとビックリしました。

村唯一のメイン通り?を歩くと、いろんな土産物屋や食事処があり、結構楽しめます。

外人の観光客も大分目につきました。

そして、一番の目的であった「合掌造り」の見学となりました。
DSC00096

我々の選んだのは「神田家」でした。
DSC00095

入場料300円を払って家の中を見学したのですが、今でもこの家の方は住み続けているようで、築年数は200年を超えているそうです。

いろりには火がともされ、年中絶やすことはないそうです。

家中を燻すことで、「萱」が長持ちするのだそうです。

柱や梁も真っ黒になっていますが、歴史の重みを感じることができました。

写真などでは、家の外景くらいしか見ていなかったのですが、家の中の作りのすばらしさには感動しました。

先人の建築技術の高さを垣間見ることができるのもいいですね。

この茅葺の造りの中に、「免震技術」が採用されていることにもビックリでした。

この「神田家」は、4階建ての造りになっていましたが、屋根の角度は60度の「正三角形」

だそうで、この角度が建物的には一番安定するのだそうです。

この家の方のお話では、最近は屋根材量である「カヤ」がまとまって集まらず、入手が困難になってきているとのことでした。

これも時代の流れ何でしょうね。

「世界遺産」に認定されているほど価値のある建物ですので、是非後世にも引き継いでほしいものですね。

なお、私たちが訪れたのは3月でしたが、神田家の方がおっしゃるには、一番いいのは1月がお奨めとのことでした。

確かに、雪に覆われた白川郷が何といっても趣がありそうですね。

個人的には寒いのが苦手なので、考えてしまいますが、、、、、

いつの間にかお昼の時間も過ぎてしまい、食事を摂ろうと思ったのですが、食事処は込み合っていたので、ここでの食事を諦め、高山市内に戻って、ここで有名な「高山ラーメン」を食べてから、松本に戻りました。

次女もその友人も喜んでくれたので、運転手の私としてもほっと安堵したのと、久々に遠出して、身も心もリフレッシュできた満足の一日でした。


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする