菅原マヤの経歴と家族は?モデルからタレントへの道を目指す!

[菅原マヤ]さんをご存知ですか?

オスカープロモーション所属で、2014年8月5日の同社主催「第14回全日本国民的美少女コンテスト」において、モデル部門賞を受賞した今年16歳になる女の子です。

今後、大いに活躍しそうな魅力の持ち主ですので、ご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク



菅原マヤのプロフィールから

:本名    ルービナー・マヤ(父アメリカ人 母日本人のハーフ)

:生年月日  2000年3月19日(16歳)

:出身地   アメリカ アリゾナ州 (8歳の時北海道に移住している)

:血液型   O型

:趣味    バレーボール、バドミントン、スノーボード、水彩画

:特技    バスケットボール、英語

菅原マヤ3

出典:菅原マヤ公式ブログ

スポンサーリンク

菅原マヤの経歴は

彼女は、生後8歳までアメリカのアリゾナ州に住んでいましたが、その後北海道に移っています。

おそらく、両親の仕事の関係だと思います。

日本に来たばかりのころは、全く日本語が話せなかったそうですが、いつの間にか周りに馴染むことで、割と早く話せるようになったそうです。

菅原マヤデビューの原点

そして、14歳(中学2年生)の2014年8月に行われたオスカープロ主催の「第14回全日本国民的美少女コンテスト」において、最終21人の中に残り、見事「モデル部門賞」の栄冠に輝きました。
菅原マヤ画像

出典:菅原マヤ公式ブログ

ご存知のように、このコンテストは非常に有名で、過去には米倉涼子、上戸彩、剛力彩芽、河北麻友子、武井咲などのスターを輩出している権威あるコンテストですね。

このコンテストで賞を取ることは並大抵の事ではないでしょう。

因みに、2014年のコンテストの時は、応募総数が約80,000人だったそうです。

その中の最終21人に残るだけでも大変なのに、さらに「モデル部門賞」を受賞したのですから才能、将来性は間違いないと思えますね。


スポンサーリンク



又、オスカープロモーションの受賞者は、数年間レッスンを行ったうえで本格デビューをしていることが多いようですが、これは、会社として息の長い芸能活動をさせたいという指導法にあるようです。

「菅原マヤ」さんは、ハーフということもあり、とても魅力的であり早く雑誌やメディアに顔を出してほしいところですが、今年16歳になったことからそろそろ出て来そうな予感がします。

あの「上戸彩」にしても、5年のレッスンと下積み期間があったそうですよ。

「米倉涼子」にしても然りです。

ダイヤモンドの原石も、丁寧に磨き上げてこそ最後に輝きが増すのと同じことなんでしょうね。

それから余談になりますが、「菅原マヤ」さんにはお姉さんがいて、名前は「アリア」さんといいますが、実は彼女もモデルさんをなさっているようです。

北海道が拠点の「株式会社モーディア」というモデル事務所に所属しています。

お姉さんもマヤさんによく似ていてかなりの美人ですね。

菅原マヤさんは、2015年の雑誌ViVi4月号に載っていましたが、今後は少しずつ掲載数も増えてくると思われます。

これから数年の内に、彼女の成長した姿が見れると思います。

そして彼女の目標のタレントは「ローラ」さんだそうですが、一日も早くメディアの注目を集めるようになってほしいものですね。

大いに期待しましょう!


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする