遊川和彦の経歴と代表作は?結婚や収入と姉弟についても紹介!

脚本家の「遊川和彦(ゆかわかずひこ)」さんをご存じですか?

作品としては「GTO」、「さとうきび畑の唄」、「女王の教室」、そして何といっても最も有名なのが「家政婦のミタ」ですね。

そんな遊川和彦さんの経歴や代表作、結婚や彼の収入そして姉弟のことについてもご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




遊川和彦プロフィール
遊川和彦1

出典:http://matome.naver.jp/

:生年月日  1955年10月24日(60歳)

:出身地   東京都生まれ広島県大竹市育ち

:出身校   広島大学政経学部卒

:職業    テレビドラマ脚本家

:配偶者   あり

スポンサーリンク

経歴

遊川さんは、東京生まれですが、お父さんの仕事の関係でしょうか小学校1年から広島県大竹市で育ちました。

修道高等学校在学中に文化祭で脚本を書いた喜びが、この仕事をするようになったきっかけのようです。

大学は、広島大学政経学部ですが、なぜか5年かけて卒業しています。

聞くところによると、お父さんが事業に失敗したという話がありますので、金銭的に苦しい時期だったのかもしれませんね。

学生時代は、広島市内の映画館を回りアイスクリームを売るアルバイトをしていたようです。

大学卒業後は上京し、最初は役者志望だったので、仲代達也主宰の「無名塾」の試験を受けたこともあるそうです。

そして、映画学校にも短期間在籍したことがあります。

その後、テレビ制作会社のディレクターを経て、1987年に「うちの子にかぎって・・・スペシャルⅡ」で脚本家としてデビューしました。

1990年前後のTBSコメディードラマでは、八木康夫プロデューサーと共にいくつか作り上げています。

1991年の「ADブギ」、1992年の「十年愛」では、ダウンタウンの浜田雅功を役者として成功させたことも良く知られていますね。

1998年のドラマ「GTO」では、原作者が藤沢とおる、出演者が「反町隆史」、「松嶋菜々子」という人気俳優ということもあり、平均視聴率28.5%、最終回には35.7%という驚異的な視聴率を記録しています。

2003年には、TBSの単発スペシャルドラマ「さとうきび畑の唄」の脚本を担当し、この作品は文化庁芸術祭大賞を受賞しています。

余談ですがこの作品は、太平洋戦争の頃の沖縄と沖縄戦を舞台に、家族の尊さを扱った反戦ドラマなのですが、出演者の中に「明石家さんま」が父親の役で出ていましたね。

森山良子さんの唄も素敵ですが、「明石家さんま」が抜擢されたのも意外であり、主人公の夫が大阪出身で関西弁を話すという設定が、出演に至った理由のようですね。

演技も良かったと思います。

2005年のTBS単発ドラマ 涙そうそうプロジェクト「広島昭和20年8月6日」は、2006年日本民間放送連盟賞番組部門「最優秀作品」にも選ばれています。

又、これとは反対に日本テレビの連続ドラマ「女王の教室」では、鬼教師が児童を徹底的に管理するといった内容が大きな反響を呼び、初回から日本テレビに抗議の電話が殺到するという問題が起き、賛否両論、議論が沸騰したこともありました。

しかし、遊川さんはプロデューサーと覚悟を決め、信念を貫き最後まで放送を続けたことにより、いわゆる学園ドラマの新境地を開いたのです。

しかもこの作品は、「第24回向田邦子賞」を受賞しています。

遊川さんの作品には「松嶋菜々子」が主演することが多いのですが、特に2011年に彼女が主演した日本テレビの「家政婦のミタ」は、最終回でドラマ視聴率史上歴代4位タイとなる40.0%という高視聴率を記録し、「2012年東京ドラマアウオード脚本賞」を受賞しています。

2012年下半期に放送されたNHK連続テレビ小説「純と愛」の脚本を手掛けた際は、「これまでの連続テレビ小説っぽくないもの」、「演出家や役者にも口を出す」ことがプロデューサーに了承され、脚本を執筆したことがありました。

彼は週1回ペースで撮影現場に足を運び、朝ドラ初主演となった「夏菜」に演技指導を行う姿がNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で放送されたこともありました。

一方、この夏菜への指導については、業界の一部からは非難の意見もあり、彼の影響で夏菜はその後のブレイクするチャンスを失ってしまったとも言われました。

2017年公開予定の映画「恋妻家宮本」では脚本はもとより初の監督を務めるそうです。


スポンサーリンク




結婚について

遊川和彦さんは、年齢も60歳なので大分前に結婚されていた思ったのですが、実はつい2年前の2014年11月に結婚されたばかりでした。

何とお相手は彼より20歳も下の一般人だそうで、結婚するまで14年間もお付き合いをされていたそうです。

ということなら、実質は大分前から夫婦生活をされていたのと変わり有りませんよね。

収入について

脚本家の収入というのは、サラリーマンのように会社に所属して給料をもらうのとは違います。

月給制ではないので、仕事がなければ収入は当然ありません。

大変厳しい仕事ですね。

しかも高額な報酬を稼いでいる人は、脚本家の中でもごくわずかの人です。

しかも、報酬額は一律ではありません。

売れている脚本家であれば、1時間ドラマ1本で60万円という話があります。

単純に月にすれば240万円、3か月物で720万円ということになりますね。

これ以外の収入としては、「二次使用料」というのがあります。

人気作品が再放送されたり、DVDで発売されたり、グッズが売れた場合に入るものです。

しかし、これも脚本家なら誰でも資格があるかというとそうではありません。

「日本脚本家連盟」か「日本シナリオ作家協会」に所属していないと収入にはなりません。

脚本家という仕事は、一部の売れっ子作家を除けば、とてもうま味のある職業とはいえそうもありませんね。

姉弟について

遊川さんには、5歳年上のお姉さんがいらっしゃいます。

何と!女優の「柳谷ユカ(やなぎたに ゆか)さんです。
柳谷ユカ1

そんな関係で、遊川さん脚本のドラマなどにもよく出演されていますね。

まとめ

遊川さんは脚本家の中では、売れっ子の部類に入る方ですね。

今度7月14日スタートのテレビ朝日木曜ドラマ「はじめまして、愛しています」が始まります。

尾野真知子さんと江口洋介さんが夫婦役の養子制度を題材にしたホームドラマです。

さて、このドラマは、視聴者にどんなインパクトを与えるのでしょうか。

遊川ワールドがどのように展開していくのかとても楽しみですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする